• 2012.07.03 Tuesday
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
  • - -
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    ビル・エバンス シェリーズ・マン・ホール
    0
       「ビル・エバンス」

      しばらくビル・エバンスが続きます。しかし改めて聴くと
      新たな発見がありますね。

      ベーシスト、スコット・ラファロ亡き後、彼はかなり落ち
      込んだらしいです。最高のパートナーを失った悲しみ、
      痛み入ります。

      ウツになり麻薬中毒になるまで深く考え、感じているの
      だろうなあ。恐らく妥協を許さない彼のこと、人一倍苦
      しみを感じてしまうのではないでしょうか。常に自殺願望
      があったと聞きます。

      それでも負けないビル・エバンス。数年後ベースにチャ
      ック・イスラエル、ドラマーにラリー・バンカーを迎え、
      数年後には演奏を再開しております。地味ですが堅実
      なリズム隊です。多少ベース・ソロの多さにグルーブが
      止まってしまう感じがしますが・・・。もっとピアノが聴き
      たい。

      ピアノは申し分ないです。最後の曲、オール・ザ・シングス
      ・ユー・アーがかなり聴き応えありです。

      「シェリーズ・マン・ホール」


      コメント:さすがビル・エバンス!何度でも立ち上がってくる!

      ビル・エバンス ワルツ・フォー・デビイ
      0
         「ビル・エバンス」

        何と言っても、世界で一番愛されているジャズアルバム。
        ビル・エバンスが一番楽しかった録音ではないかと思い
        ます。2曲目のワルツ・フォー・デビイは本当に素晴らしい
        名曲です。

        美しい曲ばかりでスコットラファロ、ポール・モチアンの
        トリオのインタープレイが格別に凄いです。ライブです
        ので。

        しかし、私の中では一位ではありません。録音状況か、
        それとも食器の音がうるさいか要因は分かりませんが、
        ビル・エバンスにしては、もう一つ迫力が伝わってこない
        のです。それでもビルエバンスの演奏なのでクオリティ
        は高いですね。
        コメント:世界で一番素晴らしいアルバムだそうです。

        ビル・エバンス エクスプロレイションズ
        0
           「ビル・エバンス」

          このアルバムは選曲が重々しいからでしょうか。
          かなり安定感があります。

          はじめの最盛期に録音したアルバムです。
          ベーシストはスコット・ラファロ、ドラマーは
          ポール・モチアンです。

          スコット・ラファロを不慮の事故で失う前の
          瑞々しい時代の演奏です。かなり精神性の
          高いアルバムです。決して華やかではないの
          ですが、聴けば聴くほど深みが分かると思い
          ます。

          「エクスプロレイションズ」
          コメント:精神性の高い最盛期のビル・エバンス。

          ビル・エバンス アット・タウン・ホール
          0
            「ビル・エバンス」

            ボサノバもとりあえず一休みで、本題のジャズ
            ピアノに戻りましょう。

            あまり知られていない自分にとっての名盤。
            苦難を乗り越えて、一皮むけたジャズピアノ
            を聴いてみてください。あまり有名なライブ・
            アルバムではありませんが、ほぼ全曲明る
            く晴れやかであり、新しいトリオとして好スタ
            ートを切った感じがします。
            音の深さは相変わらずです。さすがですね。

            「アット・タウン・ホール」



            コメント:ビル・エバンス 裏の名盤だと思う。

            ビル・エバンス ポートレート・イン・ジャズ
            0
              コメント:超有名人「ビル・エバンス」自分の中では、最高の神様です。とにかくスキがない・・・でもムラがある。常に葛藤している・・・素敵だなあ。「ポートレート・イン・ジャズ」こちらはジャズピアノの金字塔です。このCDで開眼しました。

               さてこれから、どんどん情報を発信しようと思います。

              と言っても、気楽に書き込んでいきますのでご容赦下さい。

              時には脱線してしまいます(笑)。

               ミュージシャン、アルバム名などランダムに書き込んでいきます。

              共感できたらなあというのをモットーとしてアップしますね。

               

              今日は超有名人「ビル・エバンス」

              自分の中では、最高の神様です。

              とにかくスキがない・・・でもムラがある。

              常に葛藤している・・・素敵だなあ。

               「ポートレート・イン・ジャズ」

              こちらはジャズピアノの金字塔です。

              このCDで開眼しました。

              CALENDAR
              SMTWTFS
                 1234
              567891011
              12131415161718
              19202122232425
              2627282930  
              << April 2020 >>
              PR
              ENTRY(latest 5)
              ARCHIVES
              CATEGORY
              PROFILE
              MOBILE
              qrcode
              LINK
              RECOMMEND
              無料ブログ作成サービス JUGEM

              (C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.