• 2012.07.03 Tuesday
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
  • - -
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    サイラス・チェスナット リベレーション
    0
       「サイラス・チェスナット」

      このアルバムもしばらく眠っておりました。
      我ながら、病的にコレクションを集めて
      いたのですね。

      聴いて驚いたのが、一曲一曲別人が演奏して
      いるように感じられました。曲調がばらばら。
      鍵盤のタッチも、微妙に違うのです。

      黒人とも白人とも音だけでは分かりません。
      それだけ感性が豊かなのでしょうか?
      繊細な曲の立ち上がりに優しさを感じます。

      このアルバムは玄人向けでしょうか?

      「リベレーション」

      コメント:多重人格かな?

      スタン・ゲッツ(ケニー・バロン) カフェ・モンマルトル
      0
        「ケニー・バロン」

        この演奏ほど、素晴らしいケニー・バロンは聴いたことがない。
        スタン・ゲッツとの芳しいデュオが、恍惚として聴き手を口説いて
        いるような感じ。相当気持ちよくなると思います。

        晩年のスタン・ゲッツは色気、情熱など相当高い境地に行き着い
        たのだと思います。ケニー・バロンも影響を受けて華やかです。
        毎日精進しながら、生きている人はとてもすばらしいですね。

        「カフェ・モンマルトル」


        コメント:晩年のスタン・ゲッツは、恍惚としたアルバムが多いです。

        ジェフ・テイン・ワッツ(ケニー・カークランド) メガ・ワッツ
        0
           「ケニー・カークランド」

          かなり短命でしたが、彼の天才ぶりはやはり凄い!
          天才だけに、いきなり失踪して行方不明になったり
          しておりましたね。
          うらやましいですね。私も時には、何処かへ飛んでゆ
          きたくなります(笑)。

          ブランフォード・マルサリスのピアニストをつとめて
          おりましたが、亡くなられたときには、ジャズ界に
          かなり衝撃を与えました。でも後継ぎのピアニスト
          は前にご紹介しましたジョーイ・カルデラッツォ
          ですので、安心しました。こちらも天才です!

          「メガ・ワッツ」
          コメント:ピアニスト ケニー・カークランドはやはり凄い!

          レッド・ガーランド  グルーヴィー
          0
             「レッド・ガーランド」

            しばらく眠らせていたアルバムです。
            改めて聴いてみて、驚きの連続です。
            元プロボクサーとは、思えない小粋で
            小洒落たピアニストなのですね。

            良くバンドメンバーを殴らずにすんだか
            きっと温かい人柄に違いない。
            鍵盤を転がりまくり。かなり心地よい
            です。名盤中の名盤です。
            ジャケットが超格好良いです。

            「グルーヴィー」





             
            コメント:改めて聴いてみて、こんなにナイスなアルバムとは!

            エロール・ガーナー コンサート・バイ・シー
            0
               今日も寒いですね。
              風邪、インフルエンザにかからぬようお互い気をつけましょうね。

              「エロール・ガーナー」

              今久しぶりに聴いております。
              さすが名盤中の名盤。若い頃は、理解できなかったのですが。
              どうしても、黒人のジャズは、パワーがあり過ぎて、もう一歩
              踏み込めなかったのです。

              本当の名作というのは、聴いても聴いても全く飽きがこない
              のかなあと思います。自分の成長にあわせて、耳も変わりますし。
              おそらく素人の方が聴かれても、良いのではと思います。
              モダン・ジャズの真髄のような気がします。

              「コンサート・バイ・シー」


              コメント:名盤は、自分の成長によって、良さが見えてくる。

              ハービー・ハンコック ザ・ニュー・スタンダード
              0
                 「ハービー・ハンコック」

                いろいろなロックなどの名曲を新しいスタンダードとして
                位置づけ、ハービー色に染め上げた力作。

                ようやくハービー・ハンコックのご紹介です。
                おそらく世界屈指の有名人でしょう。個人的には
                あまり有名人は好きになれないのですが、この
                アルバムはなかなか聴き応えがあります。
                ロックのメロディーはとても美しいです。だから
                曲が締まるのではないでしょうか。
                ジャズは、一歩間違えると自己満足的になります。
                テーマやメロディーを大切にしているミュージシャン
                が好みです。

                「ザ・ニュー・スタンダード」

                コメント:ロックなどの名曲をハービー色に染めております。

                バド・パウエル バド・パウエルの芸術
                0
                  「 バド・パウエル」

                  黒人モダン・ジャズの世界を創造したピアニスト。
                  この方の影響を受けたピアニストは数知れないです。
                  ただなかなかマネは出来ないようです。天才ですから。
                  このアルバムはバップの爽快な演奏を存分に楽しめます。
                  エレガントですし、全くスキがありません。

                  当時、ジャズ界では白人への人種差別があり、泥くさい
                  世界でした。麻薬中毒ばかりの業界でした。この頃
                  活躍したミュージシャンは短命です。

                  人に楽器を借りたら、そのまま質屋に入れてしまうという
                  信じられない人もおりました。
                  管理社会ではないから、超自由人ばかりでした。

                  最近は、小さなことで口うるさい方が増えましたね。
                  こんな社会では創造性は生まれにくいかも知れませんね。

                  「バド・パウエルの芸術」
                  コメント:これぞ芸術品かな!

                  セロニアス・モンク ソロ・オン・ヴォーグ
                  0
                     「セロニアス・モンク」

                    全く型破りなピアニストだと思います。この方の
                    マネを出来る人は、ほぼいないのだろうなあ。

                    ボテッとした切れ味があまり鋭くないフレーズなのですが、
                    とても心に響きます。すごい個性です。

                    心が温まる、気張っていない名盤中の名盤です。
                    聴くと病みつきになりそうです。

                    「ソロ・オン・ヴォーグ」
                    コメント:ボテッとしたピアノが、実に愛らしい

                    ウォルター・ビショップ・ジュニア スピーク・ロウ
                    0
                       「ウォルター・ビショップ・ジュニア」

                      今回はモダンジャズの名盤をご紹介します。
                      このピアニストは、特に強い個性があるという訳ではないが、
                      ジョン・コルトレーンのベーシストをつとめるジミー・ギャリソンが
                      加わるようになって、歴史的な演奏が生まれました。

                      これがジャズの面白さなのでしょうか!トリオのリズム隊の面子を
                      見て、どのような演奏をしているのか、想像すると実に楽しいです。
                      当たりだと最高に嬉しいですね。

                      「スピーク・ロウ」
                      コメント:プレイも味があるし、ジャケットが格好良い。

                      オスカー・ピーターソン ザ・トリオ
                      0
                         「オスカー・ピーターソン」

                        この人のピアノは、いつ聴いても王道ですね。
                        ライブとは思えないクオリティ。とにかくこちらまで
                        楽しくなります。

                        最後の来日コンサートのときは、よぼよぼして
                        歩いておりましたが、ピアノに向かった瞬間、
                        全盛期のときのような演奏を聴かせてもらい
                        ました。すごい!

                        鍵盤をひたすら転がるし、ダイナミックなバッキングも
                        うるさ過ぎず、ジャズを初めて聴いた方にも、オススメの
                        アルバムです。

                        「ザ・トリオ」

                        コメント:このアルバムは、元気いっぱいです!

                        CALENDAR
                        SMTWTFS
                           1234
                        567891011
                        12131415161718
                        19202122232425
                        2627282930  
                        << April 2020 >>
                        PR
                        ENTRY(latest 5)
                        ARCHIVES
                        CATEGORY
                        PROFILE
                        MOBILE
                        qrcode
                        LINK
                        RECOMMEND
                        無料ブログ作成サービス JUGEM

                        (C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.