• 2012.07.03 Tuesday
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
  • - -
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    はじめまして!
    0
        初のてブログを作成してみました。いろいろなことを書き込もうと思います。
      「ジャズは何から聴いたらよいか」
      よく聞かれます。
      どうやってジャズにはまっていくか、人それぞれですね。あくまで我流です。
      お気に入りのジャズピアニストを沢山ご紹介しようと思います。
      少しずつアップしていくつもりです。

      ジャズにはまるまで
       
      私は、芸術系の家庭に生まれた。
      生まれた段階で、既に音楽中毒なのかも知れないなあ・・・。

      父の影響?幼少時代によく流れていた曲の数々・・・。2000枚も!
      サンタナ
      ピンク・フロイド
      オリビア・ニュートンジョン
      ビリー・ジョエル
      ジョン・デンバー
      アバ
      クラシック
      ジャズなどなど

      胎教、幼児の音楽はこんなものなのだろうか・・・。5歳のときはサンタナのコンサートで踊っていたらしい。

       私は、5歳よりバイオリンをはじめて、その後アマチュアオーケストラに十代半ばまで所属していた。
      しかしクラシックはどうも馴染めず、中学生よりロック・ソウル・ポップスなど
      海外のミュージシャンばかり聴きまくった。確か4ヶ月で200枚近くレンタルしたような気がする。

      高校生になった当時はバンドブームで、レベッカ、渡辺 美里、プリンセス・プリンセス、米米クラブ、ブルーハーツ、リンドバーグなどなど、続々といかすバンドが流行ったので、バンドを始めたくなったのだ。
      私自身は、ブラック・コンテンポラリー系の久保田 利伸に夢中であった。もちろんパートはベースである。

      と同時に、ここが重要なのであるがウェザー・リポートとジャコ・パストリアスに滅茶苦茶はまってしまった。
      こんな素晴らしいフュージョン・バンドがあるものか!!!
      目からウロコである。それとジャズマンのリチャード・デイビスにお会いして
      一緒に食事をしたり・・・。何かと恵まれていたなあ・・・。

      それと頻繁に聴いていたジャズ以外のサウンドは
      ブロウ・モンキーズ
      U2
      スティング
      ポリス
      ロビー・ネヴィル
      テイク6などなど

      どうやらブラック系とブリティッシュ系などが大好きなようである。

      その後大学で、音楽を追究したいと思い、凄腕ぞろいの音楽サークルに入り、部長も務めた。
      完全に中毒です。
      かたっぱしからジャンルを問わず、チャレンジ。
      ジャズ、フージョン、ロック、ソウルなどほぼすべてかな。
      いろんな音楽があり、感心した。

      そして社会人になり、2、3年過ぎてから何気なく父が聴いていたビル・エバンスに度肝を抜かれた!!!
      これがジャズか!!全く不可解な世界に片足を突っ込んだようだ。

      これがジャズにはまる瞬間なんだな。
      突然音が飛び込んでくる感じ。
      理解しにくいものが、感じとれた喜び。
      一回はまると二度と抜けられない危ない世界。
      それから、ジャズバーやコンサートに頻繁にいくようになった。
      トランス状態に入れるので、気持ちよくて・・・。現実逃避かも知れない。
      脳内モルヒネが出っ放し。どうしよう(笑)。

      最近の商業ペースにのったアメリカのジャズは耳が少々痛い。
      その後ニューヨーク(ヨーロッパ人が進出)やヨーロッパのピアノトリオを発掘する毎日。
      知らず知らずと900枚になった(他ジャンル含)。
      やっぱり病気かな?

      お気に入りは

      ビル・エバンス
      スティーブ・キューン
      エディ・ヒギンズ
      ブラッド・メルドー
      キース・ジャレット 
      デヴィッド・ヘイゼルタイン
      ビル・チャーラップ

      アントニオ・ファラオ
      ジョバンニ・ミラバッシ
      ジョーイ・カルデラッツオ
      エンリコ・ピアラヌンティ
      ラーシュ・ヤンソン
      ヤン・ラングレン
      フランク・アヴィタヴィレ
      ミッチェル・ペトルチアーニ
      イヴァン・パデュア
      ナタリー・ロリエ
      ティエリー・ラング
      ペーター・ノーダール
      ウラジミール・シャフラノフ
      カールマン・オラー
      カルト・ソルトネッカー

      ジョン・ヒックス
      カール・パーキンス
      ボビー・ティモンズ
      ミシェル・サルダビー
      などなど・・・。

      みな自分の感性にあったものです。
      ジャズピアノ最高!!!

      • 2012.07.03 Tuesday
      • 16:09
      • スポンサードリンク
      • -
      • -
      • -
      • - -
      スポンサーサイト
      0
        Comment:
        Add a comment:









        Trackback:
        http://tontonnorino8.jugem.jp/trackback/1
        CALENDAR
        SMTWTFS
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << July 2019 >>
        PR
        ENTRY(latest 5)
        ARCHIVES
        CATEGORY
        PROFILE
        MOBILE
        qrcode
        LINK
        RECOMMEND
        無料ブログ作成サービス JUGEM

        (C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.