• 2012.07.03 Tuesday
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
  • - -
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    エディ・ヒギンズ 黒と白の肖像
    0
       「エディ・ヒギンズ」

      あれ?このジャズピアノは本当にエディ・ヒギンズ?

      久しぶりに聴いたこのアルバム、エディ・ヒギンズと
      は思えません。バリバリ4ビートですし、フレーズ、
      ピアノタッチなど結構アグレッシブです。リズムセク
      ションも積極的ですね。

      もしコーヒーショップなどでかかっていたら、エディ・
      ヒギンズだとは思えないでしょうね。黒人の演奏に
      も聴こえます。

      この後ぐらいから晩年に向けて芸術性の高いエディ
      ・ヒギンズになっていくのでしょうか。大器晩成型なの
      ですね。私も生きていくなら大器晩成がいいなあ。
      地に足つけて少しずつ進もうと思います。

      「黒と白の肖像」
      コメント:いつもと違うエディ・ヒギンズ

      エディ・ヒギンズ 魅せられし心
      0
        「エディ・ヒギンズ」

        良く考えるとエディ・ヒギンズはクラシックファンにも
        受けるのではないでしょうか。ジャズファンには素晴
        らしいと言われている作品を教えても、クラシックフ
        ァンには拒否されてしまいます。

        きっと同じ思いをされた方も多いのではないでしょう
        か。でもエディ・ヒギンズはきっと絶賛されると思いま
        す。特にこのアルバムはオススメでしょうか。

        イントロ部分が何処となく、クラシック調ですので、
        脱力してリラックス、気楽に聴けます。ですが、
        ヒーリング音楽とは異なり、しっかりとジャズの演奏
        になっております。このあたりの絶妙なテクニックが
        憎いですね。まさに芸術家です。

        やはりエディ・ヒギンズは素晴らしい!

        「魅せられし心」

        コメント:このアルバムにはまり、エディ・ヒギンズが好きになった

        エディ・ヒギンズ アゲイン
        0
           「エディ・ヒギンズ」

          しばらくエディ・ヒギンズが続きます。

          このジャズピアニストはどれだけ日本が好きなのか。
          それに加えて、日本人は彼がとても好きなようです。
          日本は、世界で稀にみるジャズピアノファンが多い
          国だそうですね。

          このアルバムはボサノバも加わり、バラードもアップ
          テンポもゆったりとしたエディ・ヒギンズのスタイルは
          相変わらず顕在です。

          特にこのアルバムは、祇園小唄や京都ブルースが
          収録されており、日本への敬愛が感じられます。
          確かに彼のセンスは、日本人っぽいかも知れません。
          ひょっとしたら日本の文化に共鳴したのかもと感じま
          した。

          「アゲイン」


          コメント:エディ・ヒギンズはどれほど日本が好きなのか!

          エディ・ヒギンズ イフ・ドリームス・カム・トゥルー
          0
            「エディ・ヒギンズ」

            晩年に再び花開いたジャズピアニスト。自分のスタイルを
            着々と磨いていてビーナスレコードに発掘されたはずです。
            というよりも、ジャズピアノブームを再度起こしたのは日本
            人だと言っても過言ではないでしょう。本来日本人のセンス
            は類稀なるものだと思います。非常にもったいない!今の
            日本は一体何をやっているのでしょうか。もっと日本の真
            実の歴史を勉強すべきです。

            何度聴いても安心感、安定感のある音色ですね。少々ペ
            ダルを踏んで、やや重みのある音を多くもなく少なくもなく
            奏でております。これと言って難しいフレーズは弾かない
            のですが、拍子抜けするわけでもなく、とても微妙なフレ
            ーズを弾いております。ゆとりがあり、聴くと何故かほっと
            します。

            晩年のこのジャズピアニストは、どのアルバムも安定して
            いると思います。自分のスタイルを確立しているのでしょう。
            リラックスしたいときに聴いてみてください。

            ベースのジェイ・レオンハートの渋さも最高です。見事な
            重低音です。

            「イフ・ドリームス・カム・トゥルー」


            コメント:ゆとりのある心地よいエディ・ヒギンズ!

            CALENDAR
            SMTWTFS
             123456
            78910111213
            14151617181920
            21222324252627
            28293031   
            << July 2019 >>
            PR
            ENTRY(latest 5)
            ARCHIVES
            CATEGORY
            PROFILE
            MOBILE
            qrcode
            LINK
            RECOMMEND
            無料ブログ作成サービス JUGEM

            (C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.