• 2012.07.03 Tuesday
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
  • - -
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    ダスコ・ゴイコヴィッチ ユーロ・サンバ
    0
      「 ダスコ・ゴイコヴィッチ」

      ボスニア出身・欧州を代表するジャズ・トランペッター。
      数多くの名作を生み出しましたが、ブラジル系は
      初めての録音らしいです。実に渋い音色を奏で
      ます。こういうボサノバもありかと意表をつかれま
      した。

      ブラジルとは全然違う雰囲気のサンバ・バンドです。
      メンバーに南米人はおらず、ギターはハンガリー人、
      ベースとドラムはスロベニア人という東欧ジャズバ
      ンドです。皆寂しげな国出身ということで、サンバでも
      とてもクールという稀に聴くCDとなりました。
      バンド全体としては洗練されていて格好良いといった
      感じですね。

      「ユーロ・サンバ」



      コメント:洗練された欧州のジャズ・サンバです!

      イヴァン・リンス Modo Livre
      0
         「イヴァン・リンス」

        ジャンルを超えて絶賛されるイヴァン・リンス。
        数々のミュージシャンがカバーをしている世界
        屈指のメロディーメーカーです。

        ボサノバの基本はしっかりと守りつつ、メロディー
        に魔法をかけて、美しい旋律を生み出します。
        甘く切ない、彼独特の世界に触れてみて下さい。
        どうしたらこんなに美しく作曲できるのか・・・。

        「Modo Livre」

        コメント:世界屈指のメロディーメーカー!

        ローザ・パッソス Morado Do Samba
        0
          「 ローザ・パッソス」

          現代のボサノバ・ミュージシャンでは、珍しい
          正統派です。いつだったかj-waveで流れて
          いるのを聴き、急いでCDショップにかけつけて
          おりました。そういえば打合せの帰りに頻繁に
          CDショップに寄って、二時間ばかり視聴をし
          ていましたね。自分にとって音楽はパラダイス
          です。

          久しぶりに聴きましたが、とても曲が良く、何
          とも言えない安心感に包まれるような気が
          します。ラテンのクラブ・サウンドが流行って
          いる現在、貴重なミュージシャンだと思います。
          クラブ・サウンドも格好良いのですが・・・時々
          聴いております。

          ジャケット、センス良いですね!

          「Morado Do Samba 」


          コメント:現代のボサノバ・シーンでは珍しい正統派!

          小野リサ ドリーム
          0
             「小野リサ」

            ボサノバファンの方、お待たせしました。ようやく
            小野リサの登場です。
            この方の声を聴いていると、理屈抜きで楽しく
            なってきます。脱力しますね。

            このアルバムは、ジャズのスタンダードをボサノバ
            に合わせて小野リササウンドに変換したものです。
            久々聴きましたが、とても気持ちが良いです。

            ボサノバのピアニストは上手な方が多いですね。
            鍵盤のタッチが軽やかで、安心して聴けますね。

            ギタリストももちろんです。参加しているオスカー・
            カストロ・ネイビスはいろんなボサノバ・アルバムに
            参加しております。今回はプロデューサーでも
            あるのですね。

            「ドリーム」




            コメント:日常の緊張から開放してくれる一枚です!

            アナ・カラム ボサノバ
            0
              「 アナ・カラム」

              さらっとしたさりげないボサノバ・アルバム。
              難しさを全く感じさせないところが、凄い!
              あまりにスタンダードなので飽きてしまう
              かなあと思いましたが、何回聴いてもはまって
              しまいます。何故だろう?

              恐らく一人一人の演奏技術が高いのでしょうか。
              何回聴いてもはまってしまうボサノバ!
              ボーカルの女性も美人ですね。ブラジルの女性
              は美しい人ばかり。

              「ボサノバ」







              コメント:さりげない演奏が心地よいね!

              ナンド・ローリア ポインツ・オブ・ビュー
              0
                 「ナンド・ローリア」

                何とも言えない爽快感、心地よくなる一枚です。
                パット・メセニーファンにはたまらないスケール
                の大きなシンガーソング・ライターです。

                パット・メセニー・サウンドに似ていると思ったら
                やっぱり!ピアニストのライル・メイズが参加、
                曲作りにも大きく影響を与えております。

                ボサノバのクリエイターは、自分の世界観を
                色濃く持っていますのでいろいろと探ってみると
                かなり面白いです。

                ボサノバ熱中症にご注意!

                「ポインツ・オブ・ビュー」





                コメント:とても爽やかなグルーブ感、パット・メセニー好きにはたまらない一枚!

                マリオ・アジネー ペドラ・ボニータ
                0
                   「マリオ・アジネー」

                  この方は、アントニオ・カルロス・ジョビンのバンドを
                  務めていたギタリストです。
                  この音楽のセンスは、なかなか真似できるものでは
                  ありません。小野リサはファンタスティックなパステル
                  サウンドですと太鼓判を押しております。

                  初めて聴いたときよりも今はもっと心地いいです。
                  ただそれこそパステルカラー、数回聴いて良かった
                  なと思えるアルバムではありません。それだけ味
                  があるということなのでしょう。

                  新世代のボサノバ・シンガーソング・ライターですね。

                  「ペドラ・ボニータ」
                  コメント:小野リサ曰く、ファンタスティックなパステル・サウンドを生み出す新しい感覚のシンガー・ソングライター

                  バーデン・パウエル イメージズ・オン・ギター
                  0
                     「バーデン・パウエル」

                    このギタリストは、かなり天才肌です。
                    ボサノバを華やかなサウンドにしたのは
                    この方と言っても過言ではないでしょう。

                    リズムを刻み続けるアグレッシブなフレーズ
                    は、バーデン・パウエルが生み出したものです。

                    こんな逸話があります。
                    あるコンサートの前に、受付嬢を大変気に入って
                    しまって、「今夜彼女と共に過ごしたい。もし無理
                    ならコンサートはやめよう」
                    と言われたそうです。本当かな?
                    でも天才がいかにも言いそうなセリフ(笑)。
                    天才って特権階級ですね

                    「イメージズ・オン・ギター」



                    コメント:刻み続けるギターが格好良い!

                    アン・サリー ヴォヤージュ
                    0
                      「 アン・サリー」

                      このボーカリストの声に一発でやられました。
                      声がとにかく素晴らしい。なんて温かく優しい
                      のだろう。超癒し系!!!

                      在日韓国人三世で心臓内科医が本職だと
                      思います。天はまたまたいくつもの才能を
                      与えた!人生不公平かも知れないですね。

                      全曲聴きやすいです。
                      お買い得だと思います。

                      ちなみにベーシストはボサノバ系で有名な
                      コモブチ キイチロウ。この方新宿のアルタ
                      前で、ストリートミュージシャンとしてサンバ
                      を演奏しておりました。そのとき、これだ!
                      悩み続けたリズム感の真髄を見せて頂き
                      ました。それから一気にベースのレベルが
                      上がったと思います。

                      「ヴォヤージュ」

                      コメント:何て優しい歌声、素敵です。

                      エリス・レジーナ イン・ロンドン
                      0
                         「エリス・レジーナ」

                        1969年の作品とは思えません。現在聴いても色鮮やかです。
                        ブラジルの歌姫代表でしょう。ジャズもそうですが、ひと昔前の
                        音楽はどうして音に深みがあるのでしょう。一つ一つの音に
                        (歌、楽器共に)温かみがあり、聴いている人を魅きつけます。
                        迫力もあるし・・・。

                        このアルバムは、ソフトなボサノバというよりも、アクティブな
                        サンバアルバムと言えるでしょう。全曲インパクトがありますし、
                        とても聴きやすいです。
                        バックバンドも上手すぎます。

                        「イン・ロンドン」







                        コメント:緩やかなボサノバというより、アクティブなサンバです。

                        CALENDAR
                        SMTWTFS
                         123456
                        78910111213
                        14151617181920
                        21222324252627
                        28293031   
                        << July 2019 >>
                        PR
                        ENTRY(latest 5)
                        ARCHIVES
                        CATEGORY
                        PROFILE
                        MOBILE
                        qrcode
                        LINK
                        RECOMMEND
                        無料ブログ作成サービス JUGEM

                        (C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.